天具帖/典具帖(読み)テングジョウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天具帖
てんぐじょう

江戸時代に美濃(みの)国(岐阜県)の郡上(ぐじょう)郡で抄造された上質の和紙。典具帖、典工帖、天郡上、天貢上、天久常、天宮上、天狗状などとも書かれ、その語源は不明だが、近世以降は天具帖にほぼ一定した。天印を符牒(ふちょう)とした郡上の産紙であるとするのは、蜀山人(しょくさんじん)こと大田南畝(なんぽ)の説である。コウゾ(楮)を原料としたきわめて薄い紙で、木版の版下や紙布(しふ)に使用された。また一時はコーヒー漉(こ)しや貴金属品、宝石などの包み紙、レンズの研摩用紙などに海外に輸出されたこともあった。美濃に次いで土佐国(高知県)も主産地となったが、現在では高知市外でただ一軒だけが伝統技術を守って漉(す)いている。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android