コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天具帖/典具帖 テングジョウ

2件 の用語解説(天具帖/典具帖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんぐ‐じょう〔‐デフ〕【天具×帖/典具×帖】

楮(こうぞ)の良質の繊維で作った薄くて柔らかい和紙。貴重品の包み紙、木版の版下などに利用。江戸時代美濃の郡上(ぐじょう)郡で漉(す)かれ、現在は高知県の特産。天具帖紙。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天具帖
てんぐじょう

江戸時代に美濃(みの)国(岐阜県)の郡上(ぐじょう)郡で抄造された上質の和紙。典具帖、典工帖、天郡上、天貢上、天久常、天宮上、天狗状などとも書かれ、その語源は不明だが、近世以降は天具帖にほぼ一定した。天印を符牒(ふちょう)とした郡上の産紙であるとするのは、蜀山人(しょくさんじん)こと大田南畝(なんぽ)の説である。コウゾ(楮)を原料としたきわめて薄い紙で、木版の版下や紙布(しふ)に使用された。また一時はコーヒー漉(こ)しや貴金属品、宝石などの包み紙、レンズの研摩用紙などに海外に輸出されたこともあった。美濃に次いで土佐国(高知県)も主産地となったが、現在では高知市外でただ一軒だけが伝統技術を守って漉(す)いている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天具帖/典具帖の関連キーワード苧頭巾栲綱栲縄栲布竹紙防火布蒸し衾白妙台湾パナマ蓮糸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone