コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天勾践を空しゅうすること莫れ時に范蠡無きにしも非ず テンコウセンヲムナシュウスルコトナカレトキニハンレイナキニシモアラズ

1件 の用語解説(天勾践を空しゅうすること莫れ時に范蠡無きにしも非ずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

天(てん)勾践(こうせん)を空(むな)しゅうすること莫(なか)れ時に范蠡(はんれい)無きにしも非(あら)ず

《勾践は中国春秋時代の越の王。范蠡は呉に敗れた勾践を助け、呉を滅した忠臣》天は勾践を見捨てない、時がくれば范蠡のような忠臣が出て助けてくれる。南北朝時代児島高徳(こじまたかのり)が捕らわれの後醍醐天皇に、自分の志を示すため桜の幹に書いたという、「太平記」巻4に見える詩句による。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天勾践を空しゅうすること莫れ時に范蠡無きにしも非ずの関連キーワード勾践闔閭穆公襄公荘王鄭声莫耶雄剣青萍句践

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone