コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児島高徳 こじまたかのり

8件 の用語解説(児島高徳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児島高徳
こじまたかのり

南北朝時代初期に活躍した武将。備前の人。備後三郎と称する。元弘の乱 (1331) に後醍醐天皇に応じて挙兵。天皇が隠岐国へ流されるとき,途中で天皇を迎えようとしたが,天皇はすでに院庄 (いんのしょう) に入り,事ならなかったため,行在所庭前の桜の大木に「天,勾践 (こうせん) ヲ空シウスルコト莫カレ,時ニ茫蠡 (はんれい) 無キニシモ非ズ」と書いて忠誠を表わしたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こじま‐たかのり【児島高徳】

南北朝時代の武将。備前の人。元弘の変で隠岐(おき)へ流される途中の後醍醐天皇の行在所に忍び込み、桜の幹に「天莫勾践、時非范蠡」と記して天皇を励ましたといわれるが、その事跡は「太平記」に述べられるのみで、実在が疑問視されている。→天勾践(こうせん)を空しゅうすること莫れ時に范蠡(はんれい)無きにしも非ず

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

児島高徳【こじまたかのり】

太平記》にみえる南北朝時代の武将。生没年不詳。備前(びぜん)の人。和田備後守範長の子という。元弘の乱で隠岐に配流途上の後醍醐天皇を奪おうとして果たさず,美作(みまさか)院ノ庄の天皇の宿所の桜に忠誠を詩に託して〈天莫空勾践,時非無范蠡〉と書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島高徳 こじま-たかのり

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
児島範長(のりなが)の子。備前(岡山県)の人。「太平記」によれば,隠岐(おき)に流される途中の後醍醐(ごだいご)天皇を救出しようとしたが失敗。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)隠岐を脱出した天皇をむかえ,京都,越前(えちぜん),伊予(いよ)などに転戦した。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年後村上天皇の勅使として東国の南朝方に挙兵をうながした。通称は備後(びんご)三郎。
【格言など】天勾践(こうせん)を空しゅうすること莫(な)かれ。時に范蠡(はんれい)無きにしも非ず(「太平記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

児島高徳

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。通称備後三郎。備後守範長の子。備前国(岡山県)邑久郡の住人。後醍醐天皇の第2次討幕運動に共鳴。元徳3/元弘1(1331)年8月,天皇が笠置で挙兵するや,これに応じて備前において蜂起した。翌年3月,天皇が隠岐に配流される際,播磨,備前の国境舟坂山,播磨,美作の国境杉坂などに兵を配備して,天皇の奪還を企てたが不成功に終わった。天皇一行が美作院荘に車駕を留めた夜,警備の幕兵の目をかすめて潜入し,宿所の庭にあった桜木を削って「天勾踐ヲ空シウスルコトナカレ,時ニ范蠡ナキニシモアラズ」と書き付けて天皇を激励したという。正慶2/元弘3年閏2月,隠岐を脱出した天皇が伯耆船上山に兵を募ると父範長と馳せ参じ,千種忠顕の軍勢に属して入京,六波羅攻撃に加わった。建武新政の間,備前に帰って軍備を整え,建武政権崩壊後も一貫して南軍に属し,一族今木氏,大富氏らと共に,備前,播磨,越前,伊予などで足利軍と戦った。康永2/興国4(1343)年丹波の荻野朝忠と共謀して挙兵しようとしたが,事前に密計が露見し,備前の守護軍に追われ,海路京都に逃れた。翌年4月,五条坊門壬生の隠れ家を襲撃され,信濃に移り剃髪して志純と号したというが,以後の消息は不明である。『太平記』の作者小島法師に擬されたこともある。<参考文献>田中義成『南北朝時代史』

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こじまたかのり【児島高徳】

南北朝時代の前半期に南朝方として活躍した武将。生没年不詳。備前の邑久郡の人で,備後守範長の子という。1331年(元弘1)の元弘の乱に際して後醍醐天皇に呼応して兵をあげ,のちに足利尊氏と後醍醐天皇が抗争するにいたっても一貫して南朝方につき,備前,播磨,越前,伊予などの各地に転戦。45年(興国6∥貞和1)信濃に移り,剃髪して志純(しじゆん)と号したと伝えられる。彼の行動については《太平記》が伝えるのみであり,そのために実在の人物ではないとする学説もあったが,現在では実在説が有力とみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こじまたかのり【児島高徳】

南北朝時代の武将。通称備後三郎。備前の人。「太平記」によれば、隠岐遷幸途中の後醍醐天皇を奪回しようとして失敗、天皇の宿所の桜木を削り「天莫勾践、時非范蠡」と記してその志を告げたという。天皇の隠岐脱出後、参陣。建武政権崩壊後も南朝方として各地を転戦。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児島高徳
こじまたかのり

生没年未詳。南北朝時代の武将。和田備後守範長(びんごのかみのりなが)の子。三宅(みやけ)備後三郎と称し備前(びぜん)(岡山県)に住したという。元弘(げんこう)の変(1331)に際し後醍醐(ごだいご)天皇に応じ備前に挙兵した。乱後隠岐(おき)に配流される天皇を途中で奪おうとして失敗、のち天皇が伯耆(ほうき)船上山(せんじょうさん)(鳥取県琴浦(ことうら)町)に脱出するや、一族を率い馳(は)せ参じた。建武(けんむ)政権崩壊後も南朝側として行動し、1343年(興国4・康永2)12月には、丹波(たんば)守護代荻野朝忠(おぎのともただ)と共謀し挙兵せんとしたが成功せず、ついで脇屋義治(わきやよしはる)(義助(よしすけ)の子)を大将としてひそかに入洛(にゅうらく)し足利尊氏(あしかがたかうじ)らを討とうとしたが露見、義治とともに信濃(しなの)(長野県)に逃れた。これ以後その活動がみえなくなる。これらの事跡は『太平記』にしかみえず、その実在が問題とされている。[小要 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の児島高徳の言及

【船坂峠】より

…山陽本線,国道2号線もこの峠をトンネルで抜ける。古来,山陽道第1の難所として知られ,1332年(元弘2)後醍醐天皇が隠岐に流される際,児島高徳が天皇を奪い返そうとこの峠で待ちうけたが,一行が別路をとったため果たせなかったと《太平記》にある。峠の東麓に有年(うね),西麓に三石(みついし)の宿場町が発達した。…

※「児島高徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児島高徳の関連キーワード備後表備後備後物中原師利南部政行松浦定茂木知世山内首藤時通(1)山内首藤通資山内首藤通広

児島高徳の関連情報