コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天室禅睦 てんしつ ぜんぼく

1件 の用語解説(天室禅睦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天室禅睦 てんしつ-ぜんぼく

?-1584 戦国-織豊時代の僧。
はじめ天台をまなぶ。曹洞(そうとう)宗に転じて武蔵(むさし)越生(おごせ)(埼玉県)竜穏(りゅうおん)寺の節庵良筠(りょういん)に師事,その法をつぎ,のち住持となる。天正(てんしょう)5年相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺にうつるが,2年後竜穏寺にもどった。天正12年8月2日死去。上総(かずさ)(千葉県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天室禅睦の関連キーワードイワンウィレム宮本武蔵イワン森長可浦上とキリスト教長久手町エボラ金森宗和周期表

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone