コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天底 てんていnadir

翻訳|nadir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天底
てんてい
nadir

天球上の,天頂対蹠点。すなわち,観測者の鉛直下方にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てん‐てい【天底】

観測地点における鉛直線が下方で天球と交わる点。⇔天頂

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天底【てんてい】

観測地点における鉛直線が下方で天球と交わる点。天頂の対。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんてい【天底 nadir】

天球上で天頂と正反対の位置の点。地平座標で高度-90゜の点である。天頂【古川 麒一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんてい【天底】

観測者を貫く鉛直線が下方で天球と交わる点。天頂と正反対の点。足下点。 ↔ 天頂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天底
てんてい

鉛直線を下方に延長し(地球を貫いて)足の下で天球と交わる点を天底という。すなわち、観測者に関し、天頂と対称な点である。天底は鉛直線を決定する補助の点などに用いられる。子午線はもちろん天底を通る。[大脇直明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天底の言及

【天頂】より

…天球の中心を観測者としたとき,そこにおける鉛直線を延長すると天球で2点と交わる(図)。その上方の交点を(天文)天頂,下方を(天文)天底という。地球上の1点から準拠楕円体におろした法線の延長が天球と交わる2点のうち,上方の交点を測地天頂,下方を測地天底という。…

※「天底」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天底の関連キーワードマージョリー・K. ローリングズイスラム科学天常立尊足下点垂直圏

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天底の関連情報