コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天忠 てんちゅう

1件 の用語解説(天忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天忠 てんちゅう

大岡政談天一坊」に登場する僧。
佐渡(新潟県)浄覚院の天道の弟子。師を殺し遺書を偽造して住職となり,のち美濃(みの)(岐阜県)常楽院にうつる。甥(おい)の赤川大膳山内伊賀亮(いがのすけ),藤井左京らと天一坊を将軍徳川吉宗の落胤(らくいん)といつわり,大岡越前守にみやぶられて遠島に処せられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天忠の関連キーワード大岡政談天一坊雲霧仁左衛門逆髪談天門丹下左膳大岡政寿神田伯山(初代)木鼠長吉山内伊賀亮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天忠の関連情報