コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天忠 てんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天忠 てんちゅう

「大岡政談天一坊」に登場する僧。
佐渡(新潟県)浄覚院の天道の弟子。師を殺し遺書を偽造して住職となり,のち美濃(みの)(岐阜県)常楽院にうつる。甥(おい)の赤川大膳山内伊賀亮(いがのすけ),藤井左京らと天一坊を将軍徳川吉宗の落胤(らくいん)といつわり,大岡越前守にみやぶられて遠島に処せられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天忠の関連キーワード天誅組の変中山忠光頼久寺天誅組

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天忠の関連情報