天忠(読み)てんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天忠 てんちゅう

「大岡政談天一坊」に登場する僧。
佐渡(新潟県)浄覚院の天道の弟子。師を殺し遺書を偽造して住職となり,のち美濃(みの)(岐阜県)常楽院にうつる。甥(おい)の赤川大膳山内伊賀亮(いがのすけ),藤井左京らと天一坊を将軍徳川吉宗の落胤(らくいん)といつわり,大岡越前守にみやぶられて遠島に処せられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android