コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤川大膳 あかがわ だいぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤川大膳 あかがわ-だいぜん

?-1729 江戸時代中期の無頼者。
伊予(いよ)(愛媛県)の山賊。享保(きょうほう)11年天一坊の家来となってその企てにくわわり,捕らえられて享保14年4月21日刑死。のち歌舞伎や講談にとりあげられた。常楽院と名のる秋葉山山伏で,遠島になったともいう。また藤井紋太夫(もんだゆう)の子ともいわれる。生年は一説に天和(てんな)2年(1682)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤川大膳の関連キーワード山内伊賀亮天忠

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android