コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天梅 てんのうめ

大辞林 第三版の解説

てんのうめ【天梅】

バラ科の常緑低木。沖縄・小笠原諸島などの海辺に生え、また庭木・盆栽などにされる。茎はややつる性。葉は革質で奇数羽状複葉。四、五月、枝先の散房花序上に白色の五弁花をつける。磯山椒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

天梅 (テンノウメ)

学名:Osteomeles anthyllidifolia var.subrotunda
植物。バラ科の常緑低木,園芸植物

天梅 (テンノウメ・テンバイ)

植物。ユキノシタ科の落葉小低木,園芸植物。ヤシャビシャクの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

天梅の関連キーワード子どもの血液の病気の特徴と対策ハッチンソン三徴候ワッセルマン反応ハッチンソン歯パロー仮性麻痺ハッチンソン小笠原諸島先天梅毒歯数不足妊婦梅毒夜叉柄杓垂直感染散房花序乳児梅毒磯山椒性病庭木梅毒胎毒革質

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天梅の関連情報