夜叉柄杓(読み)やしゃびしゃく

精選版 日本国語大辞典「夜叉柄杓」の解説

やしゃ‐びしゃく【夜叉柄杓】

〘名〙 ユキノシタ科の蔓性落葉小低木。日本特産で、本州・四国・九州の深山古木などに着生し、盆栽ともされる。高さ約一メートル。全体に軟毛を密生。葉は長柄をもち腎臓状円形、浅く掌状に三~七裂して縁は鈍い鋸歯(きょし)がある。雌雄異株。夏、ウメに似た淡緑白色の小花が葉腋に一~三個ずつ咲く。花後、長さ約一センチメートルの広楕円状球形で緑色の果実を結ぶ。漢名に蔦を当てるが誤用。てんばい。てんのうめ。《季・夏》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夜叉柄杓」の解説

やしゃ‐びしゃく【夜××杓】

ユキノシタ科の落葉小低木。深山の古木などに着生する。葉は腎円形で縁にぎざぎざがあり、長い柄をもつ。4、5月ごろ5弁花が咲き、(がく)が花びらより大きく、淡緑白色。実は緑色で丸く、腺毛が密生。天梅(てんばい・てんのうめ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「夜叉柄杓」の解説

夜叉柄杓 (ヤシャビシャク)

学名Ribes ambiguum
植物。ユキノシタ科の落葉小低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android