コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜叉柄杓 ヤシャビシャク

2件 の用語解説(夜叉柄杓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やしゃ‐びしゃく【夜××杓】

ユキノシタ科の落葉小低木。深山の古木などに着生する。葉は腎円形で縁にぎざぎざがあり、長い柄をもつ。4、5月ごろ5弁花が咲き、萼(がく)が花びらより大きく、淡緑白色。実は緑色で丸く、腺毛が密生。天梅(てんばい・てんのうめ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やしゃびしゃく【夜叉柄杓】

ユキノシタ科の落葉小低木。深山の老樹に着生。高さ約30センチメートル。葉は円心形で浅裂。雌雄異株。春、淡緑色の小花を開く。果実は楕円形で緑色に熟し、腺毛が密生。盆栽にする。天梅。テンノウメ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone