コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津楊柳青画社 てんしんようりょうせいがしゃ

1件 の用語解説(天津楊柳青画社の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

てんしんようりょうせいがしゃ【天津楊柳青画社】

中国の河北省の天津西方15kmにある、100人以上の版画家を擁(よう)する年画工場。楊柳青は明代の万暦年間(1573~1619年)から年画製作を始め、300年余の歴史がある。楊柳青年画は、子孫繁栄にちなんだ「蓮笙貴子」や「年年有魚」などの伝統的な図柄と、京劇や話劇(現代劇)などにちなむ戯曲の一幕を題材にしたものが多い。魔除けや吉祥を表す伝統的図柄に特徴がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

天津楊柳青画社の関連キーワードザルカウィ死去兵庫県南部地震富士山浦富海岸オストラバカホキア・マウンドガロンヌ[川]キシュ金門島グディニャ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone