コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代劇 げんだいげき contemporary drama

3件 の用語解説(現代劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現代劇
げんだいげき
contemporary drama

主として第2次世界大戦後の実存主義演劇不条理演劇を含む,各国の演劇一般をさす。イプセンによって代表される近代劇においては,「何が,いつ,どこで起り,いかに解決されるか」ということがドラマの根本であったが,現代劇においては,登場人物の行動の動機づけもなければ,プロットの展開もない,したがって解決もない,反リアリズム的傾向の作品が少くない (→前衛演劇 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんだい‐げき【現代劇】

演劇・映画などで、現代に題材をとったもの。⇔時代劇

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんだいげき【現代劇】

現代の風俗・世相感情・思想などを素材とした劇。 ↔ 時代劇

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の現代劇の言及

【日本映画】より


[旧劇と新派]
 日活は一方,東京の向島撮影所で,新派の舞台の映画化作品をつくった。それらの現代劇が〈新派〉と呼ばれたのに対し,松之助映画などの時代劇は〈旧劇〉と称される。向島の新派は,1914年の《カチューシャ》の大ヒットにより勢いを得て,ぞくぞく量産され,18年には《金色夜叉》《不如帰》《生ける屍》をヒットさせ,立花貞二郎,関根達発,山本嘉一,藤野秀夫,衣笠貞之助,東猛夫らを人気スターにした。…

※「現代劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

現代劇の関連キーワード古典主義演劇自然主義演劇セイムロマン主義演劇世界大戦ビヤン福祉社会実存主義的無神論《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現代劇の関連情報