コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田宗柏 つだ そうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田宗柏 つだ-そうはく

1444-1527 室町-戦国時代の茶人。
文安元年生まれ。津田宗達,天王寺屋道叱(どうしつ)の父。堺(さかい)の豪商で,堺の会合衆のひとり。茶の湯を村田珠光(じゅこう)にまなんだという。おおくの名器を所蔵。連歌を肖柏にまなび古今伝授をうけた。大永(たいえい)7年死去。84歳。屋号は天王寺屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津田宗柏の関連キーワード津田宗及(つだそうきゅう)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android