天皇機関説テロ事件(読み)てんのうきかんせつテロじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「天皇機関説テロ事件」の解説

天皇機関説テロ事件
てんのうきかんせつテロじけん

右翼による美濃部達吉襲撃事件。 1936年2月 21日東京府下吉祥寺町の美濃部宅へ右翼小田十壮が偽名を使い弁護士と称して訪問。小田は応接間で面談中に斬奸状を示し,果物籠に隠していたピストル発砲,美濃部は重傷を負った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android