コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野房義 あまの ふさよし

1件 の用語解説(天野房義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野房義 あまの-ふさよし

?-? 江戸時代後期の織物師。
文政(1818-30)のころの人で,京都西本願寺にすむ。綴れ錦をおることにたくみで,中興の祖紋屋次郎兵衛よりすぐれているといわれた。通称は儀助,作十郎。作品に西本願寺の「五帝の図」(紋屋次郎兵衛との共作),松尾大社,稲荷(いなり)神社の神輿(みこし)の胴かざりなど。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天野房義の関連キーワード逸山岩瀬吉兵衛紀太理兵衛(6代)順阿泉鉄大濤長隠(1)平田三之助松本与一郎渡辺伊右衛門

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone