コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野房義 あまの ふさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野房義 あまの-ふさよし

?-? 江戸時代後期の織物師。
文政(1818-30)のころの人で,京都西本願寺にすむ。綴れ錦をおることにたくみで,中興の祖紋屋次郎兵衛よりすぐれているといわれた。通称は儀助,作十郎。作品に西本願寺の「五帝の図」(紋屋次郎兵衛との共作),松尾大社,稲荷(いなり)神社の神輿(みこし)の胴かざりなど。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天野房義の関連キーワードサウド家フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政アルフェドソンガーイクワールドゥラーニー朝

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android