コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野方壺 あまの

美術人名辞典の解説

天野方壺

幕末・明治の日本画家。伊予生。名は俊、字は吉太、通称は大吉、別号に雲眠・壷翁等。はじめ森田樵眠、のち中林竹洞に画を学ぶ。また英照皇后より揮毫を命じられる。明治27年(1894)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野方壺 あまの-ほうこ

1828-1894 幕末-明治時代の日本画家。
文政11年生まれ。中林竹洞(なかばやし-ちくとう)にまなび,山水人物画を得意とした。維新後は京都府画学校でおしえた。明治27年12月26日死去。67歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。名は俊。字(あざな)は吉太。代表作に「山水」「百童」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天野方壺の関連キーワード大橋 翠石明治時代大橋翠石

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android