コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野氏 あまのうじ

世界大百科事典 第2版の解説

あまのうじ【天野氏】

伊豆国田方郡天野郷を本領とし,伊豆の雄族工藤氏の分流入江景澄の子景光が天野を称したのに始まるという。景光の子天野遠景は1180年(治承4)の挙兵以来源頼朝に従ってその側近となり,さらに源範頼軍に属して平家追討のため西国に下向,85年(文治1)鎮西奉行人となって九州大宰府に移り,鎌倉幕府による九州支配の現地代行者となった。したがって天野氏は九州にも所領を得ているが,遠景が10年足らずで任を解かれたこともあって九州には根をおろさず,その子孫は武蔵,遠江,美濃,能登等の所領を分領することになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

天野氏の関連キーワード三方ヶ原の戦い黒野田宿泰順静岡(県)広告批評船木田荘天野八郎花火犬居春野

天野氏の関連情報