コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天頂距離 てんちょうきょりzenith distance

翻訳|zenith distance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天頂距離
てんちょうきょり
zenith distance

天球上の天体天頂からの角距離 (→視距離 ) 。天頂距離の余角高度である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんちょう‐きょり〔テンチヤウ‐〕【天頂距離】

天頂2から任意の天体までの角距離。高度の余角。天頂角

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

天頂距離【てんちょうきょり】

天球上で天頂から天体まで大円に沿って測った角度高度の余角。地平座標の表示に使う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんちょうきょり【天頂距離 zenith distance】

天球上で天体の位置を表すときに用いられるもので,天頂とその天体までの距離を角度で表現したもの(図)。高度の余角である。【古川 麒一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんちょうきょり【天頂距離】

天頂から任意の点に至る角距離。高度の余角。天体の地平座標の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天頂距離の言及

【地平座標】より

…マイナスの高度を示す角は俯角ともいう。場合によっては高度のかわりに角ZOXを使うこともあり,その角は天頂距離と呼ばれる。方位角は南(場合によっては北)を0度として南,西,北,東と回る向きをプラスとして測る。…

※「天頂距離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天頂距離の関連キーワード反転効果(オゾン層観測)コムストック大気差公式タルコット法子午線観測球面天文学天体測光学地平線大気差子午環天頂儀薄明減光

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android