角距離(読み)かくきょり

デジタル大辞泉の解説

かく‐きょり【角距離】

角度で表した二点間の距離。観測点と二点それぞれとを直線で結んだときの、その二直線のなす角度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくきょり【角距離】

〘天〙 天球上の二点間の距離を、観測点からそれぞれの方向に延ばした二つの半直線の成す角度で表したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角距離
かくきょり

角度で表した2点間の隔りのこと。任意の2点A、Bが観測者Oにおいてつくる角∠AOBが角距離である。一般に天体のように遠方にあって二つの間の実距離あるいは実長が容易にわからない場合には、その距離または長さはもっぱら角距離すなわち視角で表す。満月や太陽の見かけの直径は約30分、北斗七星の長さは約25度、二重星の二つの星の角距離を何秒などというのがその例である。[村山定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の角距離の言及

【地震波】より

…震央からの距離としては,地球の中心から,震央と観測点を見込む角度を用いることが多い。これは角距離と呼ばれる。 震源から斜め下方へ出た地震波は,マントル中の地震波速度が深いほど速いため,地球の中心から遠ざかる方へ屈折され,地表に達する。…

※「角距離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android