天鱗(読み)てんりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天鱗 てんりん

1807-1891 江戸後期-明治時代の僧。
文化4年1月生まれ。真宗大谷派。出雲(いずも)松江永泉寺の住職。文政8年京都の東本願寺大含に師事。ついで華厳(けごん),三論,天台などをまなぶ。明治3年松江藩校修道館でおしえ,のち家塾を寺内にひらいた。明治24年12月26日死去。85歳。俗姓は河野。字(あざな)は縦壑。号は苔州,竺浪,石窓,三蕉など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android