太上法皇(読み)だいじょうほうおう

精選版 日本国語大辞典の解説

だいじょう‐ほうおう ダイジャウホフワウ【太上法皇】

〘名〙 太上天皇が出家入道した後の尊称。法皇。だじょうほうおう。
※日本往生極楽記(983‐987頃)増命「太上法皇為師、受廻心戒

だじょう‐ほうおう ダジャウホフワウ【太上法皇】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の太上法皇の言及

【法皇】より

…出家した上皇,すなわち太上天皇の称。太上法皇の略。法王と書いた例もある。…

【法皇】より

…出家した上皇,すなわち太上天皇の称。太上法皇の略。法王と書いた例もある。…

※「太上法皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報