コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増命 ぞうみょう

2件 の用語解説(増命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増命 ぞうみょう

843-927 平安時代前期-中期の僧。
承和(じょうわ)10年生まれ。比叡(ひえい)山にのぼり,延最につき出家。円仁,円珍にまなぶ。昌泰(しょうたい)2年園城寺(おんじょうじ)長吏,延喜(えんぎ)6年天台座主(ざす)となり,のち僧正。祈祷(きとう)の功により宇多上皇に信頼された。延長5年11月11日死去。85歳。俗姓は桑内(くわのうち)。号は千光院。諡号(しごう)は静観(じょうかん)。著作に「宗論御八講」「胎蔵界口伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

増命

没年:延長5.11.11(927.12.7)
生年:承和10(843)
平安時代天台宗の僧。左大史桑内安峰の子。斉衡2(855)年,13歳で比叡山に登り,西塔院の延最に師事し,翌年選ばれて度僧となる。天安2(858)年,東大寺で具足戒を受ける。貞観9(867)年,比叡山で菩薩戒を受け,円仁から天台教学を,円珍から密教を学んだ。昌泰2(899)年に園城寺長吏,延喜6(906)年に天台座主(第10世)となる。同16年に律師を経ずに少僧都,翌年に大僧都,延長1(923)年に僧正となる。たびたび,天皇,皇族,貴族の病気平癒祈願を行って霊験を示し,これにより重く用いられたといえよう。宇多法皇に入壇灌頂と菩薩戒を授け,蘇悉地法や五瓶灌頂の秘法も授けている。入滅時,西方を拝して阿弥陀仏を念じ,往生したという。静観と諡号される。著作に『宗論御八溝』1巻,『胎蔵界口伝』1巻などがある。円珍が智証大師と賜諡されたのは,増命の請による。

(三橋正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

増命の関連キーワード公助即真周湛百如慈芳普門円通孝暢元三大師道邃明快六祖日位

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone