コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太保 タイホ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ほ【太保】

たいほう(太保)

たい‐ほう【太保/大保】

古代中国の官名で、三公の一。天子の徳を保ち安んずる官。たいほ。
右大臣唐名。たいほ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の太保の言及

【藤原仲麻呂】より

…同年紫微内相(ないしよう)となって軍事権も手中にした仲麻呂は,諸兄の長子橘奈良麻呂や,大伴,佐伯,多治比ら反仲麻呂勢力の反乱を未然に鎮圧し(橘奈良麻呂の変),独裁政権を確立した。ついで758年大炊王が即位し淳仁天皇となると太保(右大臣)となり,恵美押勝の姓名,功封3000戸,功田100町を賜り,鋳銭,出挙(すいこ)の自由な権限を手中にし,また,恵美家印を太政官印にかえて用いることも許され,760年にはついに太師(太政大臣)となった。 しかし同年光明皇太后が没すると,しだいに政権にかげりがあらわれはじめた。…

※「太保」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

太保の関連キーワード太政大臣(だいじょうだいじん)デレンタイ(徳楞泰)アルクタイ(阿魯台)エビルン(遏必隆)ジョーホイ(兆恵)チヤイー(嘉義)県恵美押勝の乱藤原仲麻呂祁しゅん藻古沢 太穂太政大臣淳仁天皇劉秉忠哥舒翰司馬炎熊賜履李光弼黒頭公胡宗憲柳公権

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android