コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田巴静 おおた はじょう

1件 の用語解説(太田巴静の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田巴静 おおた-はじょう

1678-1744 江戸時代中期の俳人。
延宝6年生まれ。各務(かがみ)支考,沢露川に師事。宝永3年「刷毛序(はけついで)」,享保(きょうほう)19年「吾妻掲(あづまからげ)」を編集,刊行。横井也有,河村秀根など数おおくの門弟をそだてた。寛保(かんぽう)4年2月19日死去。67歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。通称は弥平次。別号に反喬舎,六々庵,百寿斎など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田巴静の関連キーワード延享表千家鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱浮絵草梁倭館と日本人居留地放課後等デイサービス男性の1人世帯和蘭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone