太田巴静(読み)おおた はじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田巴静 おおた-はじょう

1678-1744 江戸時代中期の俳人。
延宝6年生まれ。各務(かがみ)支考,沢露川に師事。宝永3年「刷毛序(はけついで)」,享保(きょうほう)19年「吾妻掲(あづまからげ)」を編集,刊行。横井也有,河村秀根など数おおくの門弟をそだてた。寛保(かんぽう)4年2月19日死去。67歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。通称は弥平次。別号に反喬舎,六々庵,百寿斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android