コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七条院 しちじょういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七条院
しちじょういん

[生]保元2(1157).京都
[没]安貞2(1228).9.16. 京都
高倉天皇の後宮。名は殖子 (しょくし) 。父は贈左大臣従一位藤原信隆。母は贈正一位藤原休子。初め中宮平徳子に侍し,兵衛督君といわれたが,のち典侍となり,守貞親王 (後高倉太上天皇) および尊成 (たかひら) 親王 (のち後鳥羽天皇) を生んだ。建久1 (1190) 年従三位を授けられ,三宮に准じられ,次いで院号宣下をこうむって七条院と称した。元久2 (1205) 年落飾,法名は真如智。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

七条院 しちじょういん

1157-1228 平安後期-鎌倉時代,後鳥羽(ごとば)天皇の母。
保元(ほうげん)2年生まれ。藤原信隆(のぶたか)の娘。高倉天皇の中宮平徳子(建礼門院)につかえ,兵衛督君(ひょうえのかみのきみ)とよばれる。のち高倉天皇の典侍となり,後高倉院,後鳥羽天皇を生む。建久元年(1190)従三位,准三宮(じゅさんぐう)となり,院号をうける。後鳥羽天皇からおおくの荘園をおくられた(七条院領)。安貞2年9月16日死去。72歳。名は殖子(しょくし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

七条院

没年:安貞2.9.16(1228.10.15)
生年:保元2(1157)
鎌倉前期の女院。名は殖子。後白河院の近臣修理大夫(贈左大臣)藤原信隆の娘。初め高倉天皇の中宮平徳子(建礼門院)に仕えて兵衛督局と称したが,のち高倉天皇の典侍となり,天皇との間に守貞親王(後高倉上皇),後鳥羽天皇を生む。建久1(1190)年4月19日,従三位・准三后,同月22日院号宣下。後鳥羽との関係は極めて親密で,国母として権勢を有し,後鳥羽より多くの荘園を譲られた(七条院領)。また姪の西御方(坊門信清の娘)が後鳥羽との間に生んだ道助法親王を猶子として養育した。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しちじょういん【七条院】

1157‐1228(保元2‐安貞2)
父は藤原信隆,母は藤原休子。名は殖子。建礼門院に仕えて兵衛督局といい,のち高倉天皇の典侍となってその寵を得,後高倉院,後鳥羽天皇を生んだ。1183年(寿永2)後鳥羽が即位すると,その母として90年(建久1)従三位,准三宮となり,院号を与えられて七条院と称した。1205年(元久2)出家し,真如智という。 後鳥羽との関係は親密で,後鳥羽はその最も愛する水無瀬殿をはじめ仁和寺殿,法華堂,山城上桂荘・河島荘ほか2荘,河内田原荘ほか2荘,摂津小松荘ほか3荘,伊勢野俣道荘ほか2荘,美濃弾正荘・鵜飼荘ほか1荘,越前織田荘ほか3荘,近江大国荘ほか1荘,和泉永吉荘,丹波田能荘,大和檜牧荘ほか2荘,遠江気賀荘,淡路菅原荘,周防束荷荘,肥後神倉荘ほか1荘,肥前植木荘等を七条院領としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しちじょういん【七条院】

1157~1228) 高倉天皇の後宮藤原殖子の院号。信隆の女。後鳥羽天皇の母。1190年、院号宣下。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

七条院の関連キーワードアンドレイ・ボゴリュプスキー浜松大空襲建礼門院右京大夫七条院浄瑠璃寺セルジュークトルコ平重衡フリブール北条政子リチャード