コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三善康連 みよし やすつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三善康連 みよし-やすつら

1193-1256 鎌倉時代の幕府官僚。
建久4年生まれ。三善康信の子。父より備後(びんご)(広島県)太田荘の地頭職をうけつぎ,以後子孫は太田氏を称した。嘉禄(かろく)元年(1225)初代の幕府評定衆となり,「御成敗式目」を起草。寛元4年失脚した三善(町野)康持にかわって問注所執事を兼任した。民部大夫。建長8年10月3日死去。64歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三善康連

没年:康元1.10.3(1256.10.22)
生年:建久4(1193)
鎌倉前期の幕府官僚。康信の子,康俊の弟。父の所領のうち備後国太田庄(広島県甲山町一帯)桑原方地頭職を相伝し,子孫は太田氏を称した。嘉禄1(1225)年に設置された評定衆に加えられ,貞永1(1232)年の御成敗式目起草に際して中心的な役割を果たすなど,文筆系官僚としての能力を買われて重用された。寛元4(1246)年,康信の嫡系として問注所執事職を相承してきた兄康俊の子町野康持が,名越光時の陰謀に加担して失脚すると,代わって康連が問注所執事職に任ぜられ,以後この職は太田氏に相承される。生年を建久3年とする説もある。<参考文献>竜粛『鎌倉時代』上

(新田一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

三善康連の関連キーワード太田康連佐藤業時太田康宗太田康有

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android