コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田章三郎 おおた しょうざぶろう

1件 の用語解説(太田章三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田章三郎 おおた-しょうざぶろう

1770-1840 江戸時代後期の武士,俳人。
明和7年3月28日生まれ。阿波(あわ)徳島藩士。学問所奉行,目付,大坂留守居役などをつとめた。俳諧(はいかい)を森々庵松後にまなび,俳句結社平生社をつくった。天保(てんぽう)11年9月6日死去。71歳。名は信圭。俳号は小春園(以旧堂)蓼花。姓はのち武市。通称は別に左兵衛。著作に「祖谷山日記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

太田章三郎の関連キーワード大道内海深之助岡田子明片山辰世鈴木宗休高田亘中野君規平沢九朗柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone