コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田開 おおた ひらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田開 おおた-ひらく

1823-1875 幕末-明治時代の国学者,神職。
文政6年生まれ。代々豊前(ぶぜん)平田村(大分県)城井(きい)社の神職をつとめた。高橋清臣らの尊攘(そんじょう)運動に関係し,明治元年から2年間獄中の身となる。中津藩主奥平昌邁(まさゆき)の要請により釈放された。晩年は教導職として活躍した。明治8年7月23日死去。53歳。名は包宗。通称は権頭,大隅介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田開の関連キーワード明治時代太田楯臣国学者

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android