コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田開 おおた ひらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田開 おおた-ひらく

1823-1875 幕末-明治時代の国学者,神職。
文政6年生まれ。代々豊前(ぶぜん)平田村(大分県)城井(きい)社の神職をつとめた。高橋清臣らの尊攘(そんじょう)運動に関係し,明治元年から2年間獄中の身となる。中津藩主奥平昌邁(まさゆき)の要請により釈放された。晩年は教導職として活躍した。明治8年7月23日死去。53歳。名は包宗。通称は権頭,大隅介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田開の関連キーワード明治時代太田楯臣国学者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android