コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田雄蔵 おおた ゆうぞう

1件 の用語解説(太田雄蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田雄蔵 おおた-ゆうぞう

1807-1856 江戸時代後期の囲碁棋士。
文化4年生まれ。生家は江戸の商家。囲碁家元安井家に入門,嘉永(かえい)元年7段となる。天保(てんぽう)四傑のひとり本因坊秀策と30番碁を打ち,最後となった23局目は雄蔵の名局といわれている。安政3年3月20日死去。50歳。初名は川原卯之助。編著に「西征手談」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田雄蔵の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記石川和助広瀬淡窓墓結城寅寿ミシン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone