コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太白克酔 たいはく こくすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太白克酔 たいはく-こくすい

?-1700 江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。6歳で常陸(ひたち)(茨城県)伝正寺の鶴山宗亀に師事し,備後(びんご)(広島県)泉竜寺の住持となる。のち下総(しもうさ)結城(茨城県)安穏寺18世。詩文にすぐれ,書をよくした。延宝2年(1674)「太白行脚袋」を刊行した。元禄(げんろく)13年10月24日死去。常陸出身。著作に「曹洞護国弁」「夏山草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太白克酔の関連キーワードラマッツィニクレメンス11世ライネカルロス[2世]キャラコ禁止法北方戦争インダス文明インノケンチウス12世カルロス2世カンタータ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android