太白真玄(読み)たいはく しんげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「太白真玄」の解説

太白真玄 たいはく-しんげん

1357-1415 南北朝-室町時代の
延文2=正平(しょうへい)12年生まれ。臨済(りんざい)太清宗渭(たいせい-そうい)の法をつぐ。応永18年建仁寺住持。義堂周信にを,絶海中津に四六文をまなび,五山文学者として知られる。応永22年8月22日死去。59歳。信濃(しなの)(長野県)出身。別号に慕山老人。著作に「峨眉鴉臭集」「太白和尚語録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android