コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太郎兵衛駕籠 タロベエカゴ

1件 の用語解説(太郎兵衛駕籠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たろべえ‐かご〔タロベヱ‐〕【太×籠】

違っているようにみえても結果は同じことの意。江戸時代、寛政(1789~1801)末から文化(1804~1818)年間にかけての流行語。駕籠かきの太郎兵衛が泥酔して駕籠に乗ったが、底を抜いてやはり歩かねばならなかったという故事から出たという。「太郎兵衛歩(あゆ)びやれ」「太郎兵衛駕籠歩びやれ」ともいう。
「やっぱり―だ。しかたがねえ」〈滑・続膝栗毛・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太郎兵衛駕籠の関連キーワード水波可換小袋と小娘根出葉駄目で元元同工異曲泣いても笑っても目に見える頬は面誘導期

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone