コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太郎兵衛駕籠 タロベエカゴ

デジタル大辞泉の解説

たろべえ‐かご〔タロベヱ‐〕【太×籠】

違っているようにみえても結果は同じことの意。江戸時代、寛政(1789~1801)末から文化(1804~1818)年間にかけての流行語。駕籠かきの太郎兵衛が泥酔して駕籠に乗ったが、底を抜いてやはり歩かねばならなかったという故事から出たという。「太郎兵衛歩(あゆ)びやれ」「太郎兵衛駕籠歩びやれ」ともいう。
「やっぱり―だ。しかたがねえ」〈滑・続膝栗毛・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android