太陽性網膜症(読み)タイヨウセイモウマクショウ

デジタル大辞泉の解説

たいようせい‐もうまくしょう〔タイヤウセイマウマクシヤウ〕【太陽性網膜症】

太陽を直視することで起こる網膜障害。太陽を見つめると、可視光線赤外線眼底に達し、網膜の中心にある黄斑に火傷が生じる。視野の中心がぼやけ、視力が低下する。黄斑の中心部にある中心窩に損傷を受けると視力が著しく低下する。日食の観察によって発症するものを日食網膜症という。太陽性網膜炎日光網膜症日光網膜炎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android