失心・失神(読み)しっしん

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐しん【失心・失神】

〘名〙
① 本心を失うこと。正気を失うこと。喪心。
※日蓮遺文‐佐渡御書(1272)「不軽軽毀の流類歟、失心の余残歟」 〔法華経‐如来寿量品〕
② 意識が完全になくなっている状態。脳卒中、てんかんなどの脳または脳膜の疾患、脳貧血やショックなどによる脳の酸素欠乏などが原因となる。気絶。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕 〔東軒筆録〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android