コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気絶 キゼツ

デジタル大辞泉の解説

き‐ぜつ【気絶】

[名](スル)一時的に意識を失うこと。失神。「ショックのあまり気絶する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きぜつ【気絶 faintness】

失神syncopeともいう。脳循環不全のため一時的な意識障害を生ずるものであり,徐脈,血圧低下,起立性低血圧などによって生ずることが多いが,高度の精神的ストレスによって生ずる心因性のものも少なくない。失神【岩田 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きぜつ【気絶】

( 名 ) スル
一時的に意識を失うこと。失神。 「激痛のあまり-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気絶
きぜつ

学術用語ではないが、一般に失神、卒倒などを意味する。失神は、不快な環境、印象などの身体的、心理的な原因によって、顔色が悪くなり、冷汗をかき、意識の一時的障害をおこして卒倒することで、突発的な一過性の発作である。失神は、俗に脳貧血とよばれることもあり、短時間に回復することが多いが、気は失神、卒倒のほか、窒息などの仮死状態をも示す広い意味をもったことばである。過労、精神的ストレス、打撲、転落、ショックなどが気絶の原因となりうる。柔道の絞め技による「落ちた」という状態も同様のものである。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

気絶の関連キーワードノンちゃん雲に乗る絶え入る・絶入るニール サイモンノコギリエイジョニー志村景清(落語)失神ゲーム活を入れるシェラック喪心・喪神伸す・熨す西川晃啓死に入る藤原良縄気つけ薬絶え入る気を失う目を回す絶・舌高倉下

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気絶の関連情報