気絶(読み)キゼツ

デジタル大辞泉の解説

き‐ぜつ【気絶】

[名](スル)一時的に意識を失うこと。失神。「ショックのあまり気絶する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きぜつ【気絶 faintness】

失神syncopeともいう。脳循環不全のため一時的な意識障害を生ずるものであり,徐脈,血圧低下,起立性低血圧などによって生ずることが多いが,高度の精神的ストレスによって生ずる心因性のものも少なくない。失神【岩田 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きぜつ【気絶】

( 名 ) スル
一時的に意識を失うこと。失神。 「激痛のあまり-した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気絶
きぜつ

学術用語ではないが、一般に失神、卒倒などを意味する。失神は、不快な環境、印象などの身体的、心理的な原因によって、顔色が悪くなり、冷汗をかき、意識の一時的障害をおこして卒倒することで、突発的な一過性の発作である。失神は、俗に脳貧血とよばれることもあり、短時間に回復することが多いが、気絶は失神、卒倒のほか、窒息などの仮死状態をも示す広い意味をもったことばである。過労、精神的ストレス、打撲、転落、ショックなどが気絶の原因となりうる。柔道の絞め技による「落ちた」という状態も同様のものである。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐ぜつ【気絶】

〘名〙
① 息が絶えること。死ぬこと。
※古事談(1212‐15頃)四「由井七郎臨終事〈略〉止声気絶了」
② 一時的に気を失うこと。また、その状態。精神的ショックや過度の疲労、高所からの転落による打撲とショックなど、主に外的原因による。失神。
※歌舞伎・蝶々孖梅菊(1828)三幕「丈左衛門、心附き『ヤ、思はぬ気絶(キゼツ)に、この縄目』」 〔晉書‐荀菘伝〕

け‐だえ【気絶】

〘名〙 鉱山炭鉱などで、坑内通気が悪く、そのために呼吸に困難をきたすこと。また、窒息すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気絶の関連情報