失象徴(読み)しっしょうちょう

精選版 日本国語大辞典「失象徴」の解説

しっ‐しょうちょう ‥シャウチョウ【失象徴】

〘名〙 大脳の機能異常として現われる症状の一つで、一般的に用いられるシンボル象徴)、すなわち、言葉、身振りなどに関する障害が生じること。認知性の失象徴と運動性の失象徴に分けられる。象徴不能症。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「失象徴」の解説

しっ‐しょうちょう〔‐シヤウチヨウ〕【失象徴】

象徴的行為である言葉や身ぶりなどに対する理解を示さなくなる状態。理解することができない失認と、行為することができない失行とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android