失象徴(読み)シッショウチョウ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐しょうちょう〔‐シヤウチヨウ〕【失象徴】

象徴的行為である言葉や身ぶりなどに対する理解を示さなくなる状態。理解することができない失認と、行為することができない失行とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっしょうちょう【失象徴】

言語活動や身ぶりといった象徴的行為を理解できない(失認)、あるいは行為したりすることができない(失行)状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐しょうちょう ‥シャウチョウ【失象徴】

〘名〙 大脳の機能異常として現われる症状の一つで、一般的に用いられるシンボル(象徴)、すなわち、言葉、身振りなどに関する障害が生じること。認知性の失象徴と運動性の失象徴に分けられる。象徴不能症。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android