コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夾笇・夾算 きょうさん

大辞林 第三版の解説

きょうさん【夾笇・夾算】

巻き物や書物にはさんで検索や読みさしの箇所の目印に用いるもの。長さ約9センチメートル、幅1.5センチメートルほどの竹製の薄板で、全体の3分の2ほどを裂き、それ以上裂けないように、元を糸などで巻いてある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

夾笇・夾算の関連キーワード薄板

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android