コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈曽の白滝 なそのしらたき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈曽の白滝
なそのしらたき

秋田県南西部,鳥海山に発する奈曽川の上流にある滝。にかほ市に属する。鳥海山の小滝溶岩の絶壁にかかり,高さ 26m,幅 11m。鳥海国定公園に含まれる。奈曽の白瀑谷として国の名勝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈曽の白滝
なそのしらたき

秋田県南西隅、にかほ象潟(きさかた)町小滝にある滝。「奈曽の白瀑谷(しらたきだに)」として国の名勝に指定されている。鳥海(ちょうかい)山から発する奈曽川の上流の輝石安山岩の絶壁にかかる。高さ26メートル。金峯(きんぶ)神社の境内にあり、滝見台から一望できる。鳥海ブルーラインが近くを通り、JR羽越本線象潟駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

奈曽の白滝の関連キーワードにかほ(市)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android