コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈曽の白滝 なそのしらたき

2件 の用語解説(奈曽の白滝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈曽の白滝
なそのしらたき

秋田県南西部,鳥海山に発する奈曽川の上流にある滝。にかほ市に属する。鳥海山の小滝溶岩の絶壁にかかり,高さ 26m,幅 11m。鳥海国定公園に含まれる。奈曽の白瀑谷として国の名勝に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈曽の白滝
なそのしらたき

秋田県南西隅、にかほ市象潟(きさかた)町小滝にある滝。「奈曽の白瀑谷(しらたきだに)」として国の名勝に指定されている。鳥海(ちょうかい)山から発する奈曽川の上流の輝石安山岩の絶壁にかかる。高さ26メートル。金峯(きんぶ)神社の境内にあり、滝見台から一望できる。鳥海ブルーラインが近くを通り、JR羽越本線象潟駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈曽の白滝の関連キーワードにかほ法体の滝鳥海[町]象潟〈町〉秋田県にかほ市象潟町金浦〈町〉鳥海〈町〉仁賀保〈町〉矢島〈町〉奈曾ノ白滝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone