コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良宮司 なら みやじ

1件 の用語解説(奈良宮司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良宮司 なら-みやじ

1803-1872 江戸時代後期の武士。
享和3年7月12日生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士。尾去沢(おさりざわ)銅山の運営にあたり,藩財政をたすけた。安政5年勘定奉行となり,窮乏した藩財政の改革にあたるが,反対派のために失脚。明治元年藩の大監察,会計総裁に復帰。明治5年11月6日死去。70歳。本姓は青山。名は真守。字(あざな)は為大(ためひろ)。号は養斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奈良宮司の関連キーワード浅見貞忠片山辰世城武平高田亘伊達村幸藤堂高基野矢為政柳糸園綾風竜眠杉浦蘐水

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone