コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉公書 ほうこうがき

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこうがき【奉公書】

江戸時代,武士が出仕して以来の自身の勤仕の経歴を書き連ねた文書。役職転任や褒賞から,参勤交代・日光社参の供奉などに至るまで,詳細に記載されたものが多い。幕府では明細短冊と称し紙片に記し,藩によっては明細書などと呼んでいる。近世前期の軍役を中心に記載した軍功書が,社会の安定と幕府・藩の職制の確立につれて,役職を主な内容とする奉公書に変化していった。【根岸 茂夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

奉公書の関連キーワード先祖書

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android