コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉公書 ほうこうがき

世界大百科事典 第2版の解説

ほうこうがき【奉公書】

江戸時代,武士が出仕して以来の自身の勤仕の経歴を書き連ねた文書。役職転任や褒賞から,参勤交代・日光社参の供奉などに至るまで,詳細に記載されたものが多い。幕府では明細短冊と称し紙片に記し,藩によっては明細書などと呼んでいる。近世前期の軍役を中心に記載した軍功書が,社会の安定と幕府・藩の職制の確立につれて,役職を主な内容とする奉公書に変化していった。【根岸 茂夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奉公書の関連キーワード先祖書

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奉公書の関連情報