コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光社参 ニッコウシャサン

百科事典マイペディアの解説

日光社参【にっこうしゃさん】

江戸時代,日光山徳川家康廟東照宮に参詣すること。社参日光例幣使,将軍,大名,旗本御家人や農工商の庶民などさまざまの身分の者が行ったが,御宮(東照宮)と大猷院徳川家光御霊屋(おたまや)への拝礼が許されたのは旗本以上に限られていた。
→関連項目日光道中

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっこうしゃさん【日光社参】

江戸時代,日光東照宮に参詣すること。社参者には,日光例幣使,将軍,大名,旗本,御家人,一般の武士や農工商の庶民など,さまざまの身分階層にわたったが,御宮(東照宮)と大猷院(家光)御霊屋(おたまや)に拝礼を許されるのは旗本以上に限られ,御家人以下の身分の者は拝見が許されただけであった。江戸時代を通じて16度行われた将軍の社参は,4月17日(家康命日)の法要に集中しているが,莫大な費用と人手をともなうので,4代徳川家綱以降は8代吉宗,10代家治,12代家慶に各1回が記録されているにすぎない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にっこうしゃさん【日光社参】

江戸時代、徳川家康をまつった日光東照宮へ、その大祭のとき、将軍が参詣すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日光社参の関連キーワード国役(くにやく)石橋(旧町名)岩淵(東京都)塩谷[町]三和[町]日光御成道徳川吉宗本多正純水野忠邦松平乗邑石谷清昌宇都宮城松平正綱加藤忠広日光街道徳川家治秋元喬房岩槻藩通日雇房川渡

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日光社参の関連情報