コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍功書 ぐんこうがき

1件 の用語解説(軍功書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんこうがき【軍功書】

江戸時代,武士が合戦における武功を書き上げた文書。近世初期には,関ヶ原の戦(1600),大坂の陣(1614‐15),島原の乱(1637‐38)など大合戦がおこる一方,大名改易などで牢人が多数輩出した。他方,新たに譜代大名等が家臣団を拡大する中で,仕官を望む牢人は自身の武功を書き連ねた軍功書を提出して宣伝の手段とした。また,合戦に参加した大名が,家臣の武功を調査して,家臣団統制,階層序列確定の参考としたこともあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

軍功書の関連キーワード一気呵成改稿脱藩尚書き武功書付ける相場書但書妻書き風聞書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone