契約社員(読み)けいやくしゃいん

知恵蔵「契約社員」の解説

契約社員

いわゆる正社員とは別の労働条件の下に、給与額や雇用期間などについて個別労働契約を結んで働く常勤社員のこと。会社によって、専門職として一定の雇用期間を定める契約もとに働く社員のことであったり、期間の定めをせずに非常勤経験を生かして働く人、また、定年後も引き続き勤める嘱託契約の人を指したりする。公募で募集される場合は、雇用期間に定めがある契約が一般的。

(桑原靖夫 獨協大学名誉教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「契約社員」の解説

けいやく‐しゃいん〔‐シヤヰン〕【契約社員】

企業と直接に雇用期間を契約して就業する社員。高度の技能技術を持つ労働者に多く、期間や労働条件は企業との契約による。期間社員有期間社員期間従業員
[補説]法律上の概念ではなく、アルバイトとの違いは明確ではない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「契約社員」の解説

契約社員
けいやくしゃいん

非正規雇用形態の一つ。雇用期間を定めた労働契約(有期労働契約)を企業と結んで働く社員をさす。

[編集部 2021年1月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android