コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥山休賀斎 おくやま きゅうがさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥山休賀斎 おくやま-きゅうがさい

1525-1602 戦国-織豊時代の剣術家。
大永(たいえい)5年生まれ。奥山流(奥山新影流)の祖。新陰流の祖上泉(こういずみ)伊勢守秀綱にまなぶ。奥平貞能(さだよし)につかえ,姉川の戦いに織田・徳川連合軍にくわわる。天正(てんしょう)2年(1574)徳川家康の剣術指南役となり,晩年は旧主貞能のもとですごした。慶長7年死去。78歳。三河(愛知県)出身。本姓は奥平。名は公重。通称は孫次郎別号に音寿斎。号は急加斎ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥山休賀斎の関連キーワード小笠原長治大永