コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平信昌 おくだいらのぶまさ

5件 の用語解説(奥平信昌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥平信昌
おくだいらのぶまさ

[生]弘治1(1555).三河
[没]元和1(1615).3. 美濃,加納
戦国時代の武将。天正3 (1575) 年の長篠の戦いでは長篠城を固守して武田方と相対し,また小牧・長久手の戦いでも徳川方について大功を立て,小田原征伐にも従軍した。上野小幡3万石から慶長6 (1601) 年美濃加納 10万石に転封。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平信昌 おくだいら-のぶまさ

1555-1615 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
弘治(こうじ)元年生まれ。奥平貞能(さだよし)の長男。徳川家康につかえる。長篠(ながしの)の戦いでは,武田勝頼の大軍から長篠城をまもりぬき,家康の長女亀姫を妻にする。上野(こうずけ)(群馬県)小幡城主をへて,慶長6年美濃(みの)(岐阜県)加納藩主。10万石。初代京都所司代をつとめた。慶長20年3月14日死去。61歳。三河(愛知県)出身。初名は定昌。通称は九八郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥平信昌

没年:元和1.3.14(1615.4.11)
生年:弘治1(1555)
戦国・江戸前期の武将,美濃国加納藩主。奥平美作守貞能の子。母は牧野成種の娘。通称九八郎,名ははじめ定昌で,のち信昌と改めた。徳川家康に仕え,元亀1(1570)年の姉川の戦には父と共に従軍している。奥平氏の本領である奥三河は,次第に武田氏の勢力が強くなり,信昌は結婚したばかりの妻を人質として武田方に送り,武田氏に降っている。のち家康の家臣本多豊後守広孝を介して再び出仕することになり,三河長篠城の守りをまかされた。天正3(1575)年の長篠の戦は信昌らの籠る長篠城を武田勝頼の大軍が包囲したことが発端となった。信昌は城を守りぬき,この戦いで信長・家康軍は完勝。信昌は功を賞され,人質となったために武田方に殺された妻のかわりとして,家康は長女の亀姫を信昌に嫁がせるほどであった。その後,天正9年の遠江高天神城攻めで戦功をあげ,また,同12年の小牧の戦では秀吉方の武将森長可を羽黒で破り,敵の首級200をあげたといわれている。同15年,従五位下・美作守に叙任された。18年,家康が関東に転封されたとき,上野の宮崎(群馬県富岡市)で3万石を与えられた。慶長5(1600)年の関ケ原の戦では目立った軍功はなかったものの,同年9月から翌年3月まで京都所司代に任じられ,その間,京都本願寺に潜伏中の西軍の敗将安国寺恵瓊を捕らえ,その後美濃加納10万石に転じた。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おくだいらのぶまさ【奥平信昌】

1555‐1615(弘治1‐元和1)
戦国末期・江戸初期の武将。奥平美作守貞能の嫡男。初名定昌,九八郎。幼時より父貞能とともに徳川家康に仕え,1570年(元亀1)姉川の戦に初陣。一時は武田信玄に属したが信玄没後再び家康に帰順。75年(天正3)武田勝頼の攻囲にたえて長篠城に籠城し,長篠の戦勝利への道を開いた。翌年三河の新城に城を築き,家康の長女亀姫と結婚。88年従五位下美作守に叙任。90年関東入国のとき上野国甘楽郡小幡3万石。1600年(慶長5)関ヶ原の戦の直後に京都所司代。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥平信昌
おくだいらのぶまさ
(1555―1615)

江戸初期の大名。美濃(みの)国(岐阜県)加納(かのう)城主。通称九八郎。初名は定昌。父貞能(さだよし)とともに徳川家康に仕え、初陣は1570年(元亀1)の姉川(あねがわ)の戦い。一時武田家に味方したが、まもなく帰参して三河の長篠(ながしの)城を預かる。75年(天正3)の長篠の戦いでは、武田勝頼(かつより)の大軍の包囲に堪えて城を固守し、織田・徳川軍の大勝を導いた。この功で信長から一字を与えられて信昌と改名、またその命で家康の息女亀姫(かめひめ)をめとった。90年家康の関東入封に従い上野(こうずけ)国(群馬県)小幡(おばた)で3万石。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いに参加、同年9月から翌年3月まで京都所司代となり、安国寺恵瓊(あんこくじえけい)を捕らえた。01年加納10万石。慶長20年3月14日加納で没した。墓は岐阜市加納の盛徳寺。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥平信昌の言及

【上野国】より

…上野国は江戸城北辺の外郭に当たる防衛線であったから,とくに家康側近の重臣を配置した。まず徳川四天王の井伊直政を榛名山東南麓の箕輪城12万石に封じて信越両国に備え,榊原康政を館林城10万石に封じて常陸の佐竹氏や東北に備えたのをはじめ,平岩親吉を厩橋城3万3000石,奥平信昌を宮崎城(のち小幡)2万石など,万石以上11氏を戦国以来の要城に配備した。初期の諸侯はその後いくたびか改廃があり,中期以後は前橋,高崎,館林,沼田,安中(以上城持),小幡,伊勢崎,七日市,吉井(以上陣屋)の9藩が幕末までつづいた。…

※「奥平信昌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥平信昌の関連キーワード木下俊忠大久保忠職戸田光重戸田光永戸田光煕永井尚典永井尚旧永井尚備長戸得斎松平忠隆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥平信昌の関連情報