コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平謙輔 おくだいら けんすけ

2件 の用語解説(奥平謙輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平謙輔 おくだいら-けんすけ

1841-1876 幕末-明治時代の武士,士族。
天保(てんぽう)12年1月21日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。戊辰(ぼしん)戦争では会津(あいづ)攻めに参加。親友の会津藩士秋月悌次郎にあてた勧降状は名文として知られる。明治2年越後府(えちごふ)権判事。帰郷して9年前原一誠らと萩の乱をおこし,12月3日処刑された。36歳。名は居正。号は弘毅斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥平謙輔

没年:明治9.12.3(1876)
生年:天保12.1.21(1841.2.12)
萩の乱の指導者。名は居正。号は弘毅斎。長州(萩)藩八組士奥平清兵衛の子として土原(萩市)に生まれる。禄高101石。藩校明倫館に学ぶ。才気あり,大志を抱き,学を好み,また詩賦に長じていた。文久3(1863)年,先鋒隊士として下関で対外国船砲撃に参加。慶応2(1866)年干城隊に入り,明治1(1868)年の戊辰戦争では越後,会津に転戦した。同2年4月越後府権判事として佐渡に赴任するが,8月には辞職して帰郷。同9年攘夷論を説き,帯刀を勧めて脱刀脱袴を禁ずる動きを示し,10月,前原一誠と共に萩の乱を起こした。敗れて萩で斬首された。年36。

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥平謙輔の関連キーワード秋月の乱王仙芝史思明萩の乱フューラー黄巣呉広弘毅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone