コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村尚寛 おくむら ひさひろ

2件 の用語解説(奥村尚寛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村尚寛 おくむら-ひさひろ

おくむら-ながのぶ

奥村尚寛 おくむら-ながのぶ

1757-1804* 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦7年生まれ。加賀金沢藩士奥村隆振(たかおき)の次男。明和2年年寄八家の奥村栄輇(よしあき)の養子となり1万7000石をつぐ。寛政4年の藩校明倫堂開設のとき総奉行をつとめ,初代学頭新井白蛾(はくが)に周易をまなんだ。享和3年12月24日死去。47歳。字(あざな)は静甫,白羽。通称は助右衛門。号は慎斎,石台。名は「ひさひろ」ともよむ。著作に「古周易経解略」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奥村尚寛の関連キーワード門限面倒秋山遜清水直次田中佐十郎(初代)樗雲林祐元松平定国三谷蘆水屋代通賢渡辺子観

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone