コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥村尚寛 おくむら ひさひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥村尚寛 おくむら-ひさひろ

おくむら-ながのぶ

奥村尚寛 おくむら-ながのぶ

1757-1804* 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦7年生まれ。加賀金沢藩士奥村隆振(たかおき)の次男。明和2年年寄八家の奥村栄輇(よしあき)の養子となり1万7000石をつぐ。寛政4年の藩校明倫堂開設のとき総奉行をつとめ,初代学頭新井白蛾(はくが)に周易をまなんだ。享和3年12月24日死去。47歳。字(あざな)は静甫,白羽。通称は助右衛門。号は慎斎,石台。名は「ひさひろ」ともよむ。著作に「古周易経解略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例