奥野史子(読み)おくの ふみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥野史子 おくの-ふみこ

1972- 平成時代のシンクロナイズド・スイミング選手。
昭和47年4月14日生まれ。平成4年バルセロナ五輪のソロ,デュエットで銅メダル。5年と6年の日本選手権でソロ,デュエット,チームの3冠。6年世界選手権でソロ銀メダル,立花美哉とのデュエットでも銀メダル。同年のアジア大会(広島)ではソロ,デュエットとも金メダル。7年引退。平成14年陸上100m選手朝原宣治と結婚。スポーツコメンテーターをつとめる。京都出身。同志社大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥野史子の関連情報