コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥野小山 おくの しょうざん

2件 の用語解説(奥野小山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

奥野小山

江戸後期の儒学者・漢学者。大坂生。名は純、字は温夫、通称は弥太郎、別号に寸碧楼・胖庵。篠崎小竹に学び、篠崎門下四天王の一人といわれる。和泉伯太藩に儒者として招かれる。六年間堺に開塾したのち近江三上藩の大坂藩邸で留守居役を務め、藩士の子弟に教授した。著書に『邱首稿』『小山堂詩文集』等がある。安政5年(1858)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥野小山 おくの-しょうざん

1800-1858 江戸時代後期の儒者。
寛政12年生まれ。篠崎小竹(しょうちく)にまなぶ。天保(てんぽう)のころ和泉(いずみ)(大阪府)伯太(はかた)藩にまねかれる。のち近江(おうみ)(滋賀県)三上藩につかえ,大坂蔵屋敷留守居役をつとめて藩士の子弟におしえた。安政5年8月20日死去。59歳。大坂出身。名は純。字(あざな)は温夫。通称は弥太郎。別号に寸碧楼。著作に「小山堂文鈔」「小山堂詩鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奥野小山の関連キーワード浅見巣雲新井静斎伊藤板渓奥村七太夫菅恥庵五井鶴城佐藤東斎菅新菴丹羽雲気門司東里

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone