コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上藩 みかみはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三上藩
みかみはん

甲賀藩ともいう。江戸時代,近江国 (滋賀県) 野洲地方を領有した藩。元禄 11 (1698) 年に遠藤胤親が常陸 (茨城県) から1万石で入封したのに始る。明治3 (1870) 年に和泉 (大阪府) 吉見へ移って廃藩。譜代,江戸城菊間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三上藩
みかみはん

近江(おうみ)国野洲(やす)郡などを領有した譜代(ふだい)藩。1700年(元禄13)遠藤胤親(たねちか)が常陸(ひたち)国より転封されて立藩。別称甲賀(こうが)藩。志賀(しが)、甲賀、野洲、栗太(くりた)4郡内で1万石を領有し、野洲郡三上村(滋賀県野洲市)に陣屋を置いた。胤親、胤将(たねまさ)、胤忠(たねただ)、胤富(たねとみ)、胤緒(たねお)、胤城(たねき)と6代続き明治維新に至った。1842年(天保13)野洲、甲賀郡を中心とした天保大一揆(てんぽうだいいっき)が発生している。また1860年(万延1)胤緒は外国事務掛に就任している。[藤田恒春]
『『野洲郡史』全2巻(1927・野洲郡教育会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三上藩の関連キーワード遠藤 胤城遠藤胤将遠藤胤富遠藤胤統遠藤常久遠藤胤城遠藤胤忠奥野小山甲賀藩河内国

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android