コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯太 はくた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伯太
はくた

島根県東部,伯太川上流域の地域。旧町名。 1952年安田,母里,井尻の3村が合体して伯太村となり,1954年赤屋村を編入,1956年町制。 2004年 10月に安来市,広瀬町と合併し安来市となった。中心集落の母里は江戸時代に松江藩の支藩の母里陣屋が置かれたところで「母里焼」が特産。米作のほかナシ,シイタケ,茶を栽培し乳牛飼育など酪農も行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伯太
はくた

島根県東部、能義(のぎ)郡にあった旧町名(伯太町(ちょう))。現在は安来(やすぎ)市の東南部を占める地域。旧伯太町は1952年(昭和27)母里(もり)、井尻(いじり)、安田の3村が合併して伯太村となり、1954年赤屋村を編入して1956年町制施行。2004年(平成16)安来市、広瀬(ひろせ)町と合併、安来市となる(なお、この合併で能義郡は消滅)。旧町域は鳥取県に接し、名称は地域内を北流する伯太川による。江戸時代は松江藩の支藩母里藩1万石領であるが、藩主は江戸定府大名であった。かつては農会活動が活発で、母里の米券倉庫の設置、井尻牛の改良などが行われた。小作人組合が県で最初につくられ、農民運動の指導者山崎豊定(とよさだ)(1898―1964)も母里出身である。米作、和牛飼育、茶・チューリップ栽培などが行われる。母里には伝統的な窯業母里焼がある。[江村幹雄]
『『井尻村史』(1974・井尻公民館) ▽『伯太町誌』上下(2001・伯太町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伯太の関連キーワード大阪府柏原市円明町大阪府柏原市玉手町伯太番茶アイス広瀬(島根県)隅田弥一兵衛伊達 源一郎島根県安来市富次 精斎安来[市]小林 有也稲田 正次安来(市)伯太〈町〉伯太[町]大阪(府)奥野小山加来春斎小林有也渡辺章綱渡辺基綱

伯太の関連情報